女性が輝く秘密と言えばボトックス【PMSに効果的なサプリの利用】

笑顔の女性

辛い症状を諦めないで

サプリメント

月経前の困った症状

PMS(Premenstrual Syndrome)は月経前症候群とも呼ばれ多くの女性がこの症状に悩まされています。初潮を迎えるのは平均で12歳ごろです。そこから35〜40年間、女性は月経と付き合っていかなければなりません。月経周期は28〜35日とされています。月経の数日を含む卵胞期、排卵日を挟む約7日間の排卵期、そして排卵後の約14日間の黄体期で1周期となっています。PMSが現れるのは排卵日以降の黄体期で、この時期に分泌されるホルモンが原因となっています。月経に関係する女性ホルモンには「エストロゲン」という卵胞ホルモンと「プロゲステロン」という黄体ホルモンがあります。これらが脳下垂体からの命令により分泌されます。エストロゲンとプロゲステロンのバランスが崩れるとさまざまなPMSの症状が現れます。体の不調として乳房のはりや痛み、全体的なむくみ、頭痛や腰痛などがあります。またその時期になるとニキビや吹き出物が増えるという人もいます。体調の不良により学校や職場で医務室などで休まなければならないほど重い場合もあります。心の不調としてダントツに多いのがイライラするというものです。他にも憂鬱な気分が続いたり緊張状態が解けないなどもあります。集中力が落ちる人もいます。暴走気味のホルモンを抑制させることで症状が緩和されるでしょう。

上手く乗り切るには

PMSの症状は女性の日常生活の質を落としてしまいます。家庭内や学校、職場で周りの人に迷惑をかけ人間関係にも影響を及ぼすことさえあります。そうならないためにも少しでも予防・改善出来ることを試してみましょう。ストレスの多い生活はPMSを引き起こす原因となります。睡眠不足や疲れが溜まっていると心身ともに健康でなくなってきます。しっかり睡眠をとり、気分転換をしてリラックス出来る状態を保つようにしましょう。またPMSになりやすい人には神経質で几帳面な性格の人が多いです。何事も完璧主義で悩みを自分だけで抱え込んでしまうタイプの人は要注意です。タバコや酒、カフェインの入った飲み物を摂ることもPMSを悪化させる原因です。生理前には控えるようにしましょう。PMSの対策として医療機関では低用量ピルが処方されますが、毎日決まった時間に飲むことが必要です。続けるのが難しい人はサプリを試してみるのもよいでしょう。PMSを緩和するサプリはいろいろな種類があります。プラセンタは胎盤から抽出した成分でアミノ酸やたんぱく質など良質な栄養素を含んでいて、ホルモンバランスの調整に効果があります。チェストツリーという植物の成分は黄体ホルモンの分泌を促すことで卵胞ホルモンとのバランスを整える働きがあるサプリです。セントジョーンズワートというハーブは精神を安定させる効果があり、月経前特有のイライラの緩和に役立ちます。γ-リノレン酸を含むサプリもホルモンバランスを整えてくれます。生理的な現象だからと思って諦めることなく、生活習慣を見直しサプリを上手く活用することでPMSを乗り切っていきましょう。また、歳を重ねた女性が思い悩むシワやシミですが、これらはボトックスで解決する事が出来るはずです。女性が輝く秘密と言えばボトックスなので、試してみましょう。

生理前の症状の改善には

女性

PMSは排卵後に黄体ホルモンの量が増えることで起こります。頭痛・腹痛など身体的症状のほかに、不安やイライラなどの精神的な症状も現れます。これらの症状には、ピクノジェールやチェストツリー、プラセンタ、月見草などの成分が有効とされています。食物として摂るのは難しいので、サプリで摂るのがおすすめです。

Read More...

女性の体調変化

飲む

精神的、身体的につらいPMSです世間的に認知されず、薬もありませんでしたが最近なって出てきた漢方ですが飲みにくいという声がありました。そこで登場したサプリが人気が出てきました。近い将来薬局など売られるでしょう。またこのPMSに良く効くハーブティーや納豆を食べると良いでしょう。妊活にも役にたちます。

Read More...

生理の前のイライラとは

サプリメント

PMSとは月経前症候群と呼ばれるもので、腹痛やイライラする気持ち、憂鬱な気持ちなどそれらを総称したものです。月経後はその症状は自然と治っていきます。PMSはサプリメントによって和らげることができます。

Read More...

悩みを解消するために

女性

PMSは悩みの種でありながらも付き合い続けなければいけないものです。PMSとわかっていながら放っておいてはいけません。運動や栄養を見直し、自分に合った付き合い方を見つけましょう。長い日々をより有意義にすごしていくために、生活の中に上手にサプリを取り入れて克服することが大切です。

Read More...