女性が輝く秘密と言えばボトックス|暴走気味のホルモンを抑制

女性

悩みを解消するために

女性

つらい症状と向き合う

女性のなんと8割に自覚症状があると言われているPMS、こうしている間にも多くの方が悩み、苦しめられています。生理前にホルモン、プロゲステロンが増加することや、生理中にセロトニンが不足することが原因の一つです。また生活の中でのストレスや生活習慣も原因となります。症状としては、憂鬱、イライラ、情緒不安定、泣きたくなる、怒りっぽくなるという精神的なもの。むくみ、眠気、乳房の張り、下腹部痛、頭痛、肌荒れ、体重の増減という肉体的なもの。あるいはその複合型と、人によって症状はさまざまありますがどれもつらいものです。中にはPMSと気付かずに悩む方も多いでしょう。ただ、少しすればホルモン状態が変化して症状が治まるので、わざわざ病院に行く人は少ないのではないでしょうか。PMSは年齢によっても症状が変わってきます。10代の頃からだんだん症状は重くなって行き、ピークは30代となり、また徐々に収まっていきます。30代となると仕事や家庭に忙しくなりストレスや悩みも増えます。そのため今まで肉体的なPMSだけだった方にも、精神的な症状が出てしまい重症化する傾向にあります。ただの落ち込みや体調不良と放っておくのはよくありません。重度になって鬱になってしまったり突発的に自傷行為にはしる人もいるほど、PMSはしっかり対策をしなければならないものです。また、PMSではなくPMDDや月経困難症など、違う病気の場合もあります。そのため一度医師の診察を受けることも大切です。

上手な付き合い方

医師にPMSと判断されて薬を処方されたとしてもそれは一時的な改善にすぎません。毎月病院に行くのもいいでしょうが、長い付き合いになります。病院にかからなくてもいいように自分でできる対策はするべきです。PMS対策として代表的なのは、運動・生活改善・サプリです。軽い運動はストレス発散とともに代謝を上げ症状改善に役立ちます。規則正しい生活を心掛け、喫煙を控える生活改善も大切です。食生活の見直しとしてはビタミンB6ビタミンE、カルシウムやイソフラボンを積極的に摂取しましょう。また、カフェインやアルコールを控えることも効果的です。代わりにチェストツリーやセントジョーンズワート、カモミールなどのハーブティーを飲むようにしましょう。そして最後に書いたサプリはとても有効的です。運動はともかく、食生活を改善するのはたいへんですが、サプリは欲しい栄養素が基本的に入っています。いつもの食生活を変えることなくPMS対策ができる優れものです。仕事で忙しい方や外食が続いてしまう方にはサプリの摂取をおすすめします。サプリといってもたくさんあるので自分に合ったものを探しましょう。ハーブ由来のものや漢方由来のもの、PMS対策をしつつ肌質改善にもなるものまでさまざまです。ハーブティーが苦手な方などはサプリで摂取するのも良いでしょう。手に入りやすくお求めやすいサプリと軽い運動で病院に頼らずPMSを克服することが上手な長い付き合い方です。