女性が輝く秘密と言えばボトックス|暴走気味のホルモンを抑制

女性

女性の体調変化

飲む

PMSというのは正式には「月経前症候群」といいます。月経前にイライラしたり、憂鬱になったり、いつも張り詰めた気分になったりするなど精神的な症状と乳房が張る、疲れ野手、体重増加などの身体的症状が見られます。PMSという言葉が知られる前は体調が悪くなっても気のせいだと片づけられていましたが、研究が進みこれは立派な病気として確立されました。しかし、このPMSに効く薬がなかなか現れませんでした。それは症状が人によって違うため、すぐには薬という形で現れなかったのです。しかしこちらも研究が進み、最近になってやっと漢方が出てきました。しかし漢方は飲みづらいという声もあります。そこで登場したのがサプリです。サプリはとても飲みやすく、気軽に手に入るため一部の女性から支持されました。残念ながらまだサプリは大勢の人に広まってはおりません。しかし今後はこのPMSで悩む女性が更に増えていくとされているので手軽に手にはいるサプリが薬局やドラックストアで当たり前のように置かれる日もそう遠くはないでしょう。実際に一部の店舗ではこのPMSに対する特設コーナーを設置しているところもあるからです。女性の社会進出と共にPMSのサプリもどんどん表に出てくるでしょう。

PMSに良いとされているサプリがありますがこれと併用して飲むと良いとされているのがハーブティーです。特にチェストベリーティーというお茶が良いでしょう。紀元前からヨーロッパでは薬用植物として知られており、その効果はむくみ、イライラなどのとても良いのです。また、ドイツではこのチェストベリーが元になった薬が認可薬として売られているのです。諸外国では当たり前のように女性に愛用されている植物なのです。そして、食べ物もいつもより意識して摂ってほしいものがあります。それは納豆です。納豆に含まれているイソフラボン、ビタミンB6、カルシウム、マグネシウムがすべてPMS対策に効果的なのです。1日に摂りたい量としては1日1パックとなっています。また夜に食べるとリラックス効果が高まるといわれているので夕飯に1品付け足せばその日はゆったりとした気持ちで眠れることができるのです。このPMSが原因で不妊な場合もあるので妊娠を考えている女性は今すぐにでもこのPMSを解消できるように努力した方が良いでしょう。実際にPMSがなくなったとたんに妊娠できた女性も大勢存在します。このようなことを頭に入れておくと不快症状から快適生活になれるのです。